ぐるーみんの先生になりませんか?

ぐるーみんの講師養成講座の課題動画で、受講生さんは懸命に説明しながらケアしてるのに、モデルさんがかなり早い段階でぐーすか寝ちゃう っていうのがツボで

そこに視線行き過ぎて、結局何回も課題を観ることになる私

そうなんです。 意外にそのくらい「念」がケアされる側に入ってない方が身近な人へのケアはうまくいくもの


寝かそうと思うと寝なかった赤ちゃんが立ち話してる間に寝ちゃったってことよくありますよね。


そんなリラックススイッチを入れられるぐるーみんですが、使いやすい体を目指すための整体的な手技もこっそりたっぷり入れ込んであります。


でも一番の目的は 「だれでも簡単タッチケア」

ひとがひとに触れること、 自分で自分に触れること 誰かと一緒に体を動かすこと


毎日の暮らしの中で、ココロとカラダに一滴の油をさしていけるコツコツケアの積み重ね。 それを無理なく続けてほしい


そんなぐるーみんをあますことなく、お伝えできるようになる ぐるーみん認定講師養成講座今年最後の14期オンライン開講、15期対面開講

11月スタート受講生さん各3名定員で募集開始します。


気になる方はお知らせください

注)ゴッドハンドを目指す講座ではありませんww

https://www.groomin.jp/kousi-kouza

--- 2023年より受講料の改定を予定しております

#ぐるーみん #自分抱っこからはじめよう #タッチケア #セルフケア #誰でも簡単タッチケア #楽に生きるための引き出し増やそう

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ぐるーみんの敷居が低くて、ついやってみたくなって、やってみたら心地いい 身体が楽 を感じてもらいたいという思いで発信しています。 世の中にはタッチケアが溢れています。 ぐるーみんが唯一無二の存在だとも思っていません。 ご自身やご家族の固くなっている身体。 簡単なケアで使いすぎているところを休ませて、使えていないところを使えるように、 そして楽に出来る。 タッチケアという新しい価値を知って活かしても

受講してちゃんと覚えられるか心配、自己流になっていきそう、思いを込めて結果を急いでしまいそう、施術される人が施術を嫌がる時はどうしたらいいんだろう? など、様々な心配や不安が出るのは当たり前です。 受講後、再受講が出来ます。 練習会も今はコロナで開催していないところが多いですが、リクエストを講師やHPにお問い合わせ下さい。 受講後の質問、分からない点なども講師にお問い合わせ頂ければ必ず回答します。