コロナ疲れを癒す「ゆるゆる会」

ぐるーみん考案者はーにゃです 私は整体師としての活動以外に 発達障害の子のための空手教室を主宰しています。


今日は空手のメンバーと一緒に

「ゆるゆる会」を開催しました。


ストレスや疲れって、一気にくれば さすがに気づきやすいのですが、 今回のコロナ禍のように、ジワジワとたまっていくようなストレスや疲れには気付きにくくなってしまいます。


気がつけば体がガチガチ、心も余裕がない


そんな状況に陥りやすいのです。


普段空手教室でも体をゆるめることは積極的にプログラムの中に組み入れていますが、今日は「ゆるゆるすること」だけを抜き出して、10時から17時まで

たっぷり「ゆるゆる」しました。


ひろーい部屋を借りて プロジェクターで好きな映像見たり エアーソファーでゴロゴロしたり ぐるーみんしてもらったり。

好きなことして過ごしました。

いつもながら 何も言わなくても 自然にソーシャルディスタンスな人たち(笑)


親の私たちもゴロンところがって気づけばお昼寝タイムになっていたり。。。


こういう時間ってとっても大切だな〜としみじみ・・・


さぁ元気チャージしたぞ! ということで、いっぱい汗かきながら夏を元気に楽しみたいですね。



閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ぐるーみんの敷居が低くて、ついやってみたくなって、やってみたら心地いい 身体が楽 を感じてもらいたいという思いで発信しています。 世の中にはタッチケアが溢れています。 ぐるーみんが唯一無二の存在だとも思っていません。 ご自身やご家族の固くなっている身体。 簡単なケアで使いすぎているところを休ませて、使えていないところを使えるように、 そして楽に出来る。 タッチケアという新しい価値を知って活かしても